明智光秀ゆかりの地

 

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀公は、近江出身であると言われ(諸説あり)、滋賀県大津市にある「坂本城」で長く城主を務めました。

光秀公は坂本城と地理的にも近かった「西教寺」に戦死した部下の供養のため、供養米を寄進した際の寄進状が寺に現存しています。また、西教寺境内には光秀公の供養塔や一族の墓が立っています。

 

 

坂本城のある「比叡山の麓」及び「信楽朝宮の岩谷山」に茶の種子を植えられたのが、日本茶の起源とされています。

朝宮茶は、約1200年の歴史ある日本最古の茶処であり、また日本五大銘茶の一つとして歴代の天皇に献上されてきました。

 

 

明智光秀ゆかりの地「滋賀」へ是非お越しください!!

 

 

あさみや銘茶 山本園 「公式サイト」

 

あさみや銘茶 山本園 「ONLINE SHOP」

 

WITH TEA(ウィズティー)「Web Site」

 

信楽 朝宮 朝宮茶 山本園 ウィズティー(WITH TEA)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA